d0140329_22243625.jpg

2006年11月最終金曜日、自宅shop「つみつみ」を一日オープンしました。
これは招待状に使用した写真です。
当日は100名程のお客様が来てくださいました。

「つみつみ」の由来は、長新太さんの絵本「つみつみにゃー」から、
色々楽しいこと素敵なことを一緒に積み重ねていけたらという願いから名づけました。
メンバーは7人。もともと手芸が大好きなママ友で、集まり出してから早5年。
年少児だった子供たちは、この春から3年生になります。
もうすぐ2007年も終わろうとしています。
家の大掃除に明け暮れていますが、早く終わらせて庭の手入れをしたいです。

来春は、open gardenと自宅shopそしてワークショップを抱き合わせて計画中。
5年かけた我が家の手作り庭のお披露目にもなります。

家の建設途中に、突然の夫の仕事での渡英。
一年間ゆっくりとLondonの庭を見てまわり、帰国後、お金&時間のない中で、こつこつとペンキを塗り、塀を建て、レンガを積んできました。
まだまだ発展途上ですが、素人の手作り故の無骨さが愛しく思える我が家自慢の庭です。

子供がいるので、農薬は一切使わないオーガニックガーデンです。
これは2年前の春の一枚。
(ベンチの上にあるのは碧露)
d0140329_1274098.jpg

蝶々とカマキリと子供とモグラが出没する庭です。


在英中、湖水地方で見つけた一枚の絵、
田舎のおうちの入り口辺りに咲き乱れるライラックの花たち。
それが「lilac cottage」でした。
子供の頃育った家の玄関にあったライラックの匂いと色が、記憶の中からどっと押し寄せてきました。
もちろん、我が家の玄関前にはライラックが植えてあります。
いつか絵のようなlilac cottageを夢見て・・・。