<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年もフルーツを漬けこみました。
これから一ヶ月間弱、毎日糠床のようにかき混ぜます。
・・・・・忘れないようにしなくては^^:
d0140329_21264929.jpg

中身は、紅玉りんご、レーズン、オレンジピール、レモンピール、アンジェリカ、ドレンチチェリー、
いつも絶えず我が家にあって、なかなか減らないドライマンゴーをアンズの代用としました。
あとは、クランベリーやプラムなど余っていたものも、どんどんぶち込みました(笑)
さすがにドライプルーンは・・・刻んだけれど風味が変わりそうで止めておきました^^;
さて、今年はどんな味になるのやら。
d0140329_21302367.jpg

どどーんと5.8リットルの容器に収まってます。
今年は教会の婦人会のクリスマスにも使うことになったので、
来年の分も含めてパウンドケーキ約35本分です。

子どもたちはラム酒とブランデーの匂いを嫌がって、ブーイングの嵐でした^^;
次からは、平日学校に行っている間に漬けこみます、すんません。
by lilac_cottage | 2011-10-29 21:49 | Kitchen | Comments(6)
d0140329_2215582.gif

bagふたつめ。
ぶたには薔薇でしょう、と思ったのだけれど、
色が沈むかなと判断して、タンポポとブルーデイジーを刺してみた。
このぶたさんも、以前アトリエに投稿したデザインを基に、少し丸みをつけたもの。



今朝、玄関前のボーダーガーデンで咲いていた秋のバラ。
春のそれと比べて色合いが深く、しっとりと佇んでいる感じが好きです。
過ごしやすい、良い季節ですね^^。
d0140329_2216747.gif

d0140329_18183658.gif

2008年のイースターにデザインしたモビールのシルエットを基に作りました。
同じデザインで3つ目の作品となりますが、こちらは肩掛けbagの予定。
キッズルームのボードでも可愛いかな。

新しく描くのがめんどくさくて、性懲りもなく同じデザインの使いまわしだったのだけれど、
ひょうたんからコマ。久々に気に入っております。
同じバージョンで豚や羊、馬もよいな。
作りながらもアタマの中をぐるぐるぐると次のデザインが飛びかい、創作意欲も満々ですが、
秋は学校や幼稚園の行事なども多くて忙しい忙しい・・・。
加齢とともに古ぼけていく脳の記憶のひだに埋もれていかないように、デッサン画残さなきゃ^^;
d0140329_20443397.gif
先日のグリーンの輪っかは、こんなふうに完成しました。
カフェカーテンにして、独り掛けソファのある窓辺に掛ける予定。
11月に入ったら、木の実を刺して、
12月に入ったら、朱色のリボンを刺そうかな・・と思案中。
ちっちゃなリースが3つ並ぶデザインも可愛いかな?
クリスマス前のイベント用にいくつか作ろうと思います。


mottiのところに最近 夜になると仲良しのお友達がやってくる。
d0140329_20442149.gif

右を向いて「かおりちゃん、そのジュースも美味しいよ。飲んでごらん?」
左を向いて「ああ、そうなの、もときくんはチョコが好きなのね。」
右を向いて「かおりちゃんはきらいなの?・・・え~美味しいのにぃ」
左を向いて「歯はみがいてねっ!」

延々と続く楽しそうな会話。
・・・・・首を痛めそうな宴であります。

ちなみに今宵はトークショー。お友達がゲストに出ています。
それぞれのキャラが出ておもしろかった。
1時間前から歌謡ショーに代わり、激しい歌と踊りが繰り広げられてます^^;
傍聴は無料だけど、傍聴資格は「目をあわせてはいけない」「笑ってはいけない」ことが必須。
お約束が破られると、強制終了となりまする。

いまの熱唱歌は「かおりはどこ、どこ、かおりはどこに行ったの~、キラキラ輝くあの光!ナムナム~♪」
笑うなというほうがムズカシイ。
d0140329_9185415.jpg


下書き無しで植物リースをステッチすると自然なラインができるから好きと書いたけれど、それって植物の種類によっては大変だと実感。

今回刺しているグリーンは暴走する暴走する、まるで我が家の庭の雑草のよう(笑)
何度も解いては刺し直し、刺しゅう糸を3束ほど無駄にし、リネンも穴だらけになりました。
グリーンだけを色と刺し方の変化だけで、重なりやバランスを円の均等さのなかで表現するのは難しい・・・。

頭の中のイメージと出来あがっていく作品とのすり合わせに思いのほか時間がかかりますが、新たな作品を生み出すことに挑戦するのはとても楽しくて、ついつい時間を忘れて同じ姿勢で奮闘しています。

そして翌日は首がまわらず肩が凝り・・・。
ほどほどにしなくては。
d0140329_2048592.jpg
d0140329_20481712.jpg
d0140329_20475119.jpg
我が家で一番大きい鍋のフタで円を描きました。(笑)
舞台裏はかなり所帯じみているのであります。
初めにライラックをランダムに刺して・・・→
それからミモザの枝を刺して、
バランスを取りながら、ライラックの枝とミモザの花を刺していきました。

デザインを決めたり下書きしてから刺すよりも、
いきなり本番で、刺しながらバランスをみたり花や色を決めていく方が、
曲がったり武骨だったりもするけれど、生き生きと植物らしく表現できるような気がして好きです。

これは友への誕生日の贈り物。
お互い同じ思い出の花を記念に刺しました。
・・・・かなり時期外れの花ですが、ね^^;