<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子ども達が育つにつれて、3人の構成ぶりも変化していくので、
毎年少しずつ、夏の過ごし方が変化している。
d0140329_1242040.jpg


昨年は、3人まとめて市民青空プールに足しげく通ったけれど、
今年のarukoはもう卒業、keiとmottiがときどき一緒に行っている。

塾は絶対イヤだと言って自習にはげむarukoと、
来年中学に備えてハリキリだしたkei。
午前いっぱいの我が家は「自宅塾状態」です。

その横で、お絵かきしたり、バービーやらウォルドルフやらで遊ぶmotti。
こちらは「自宅保育所」状態・・・。
d0140329_1294024.jpg


そんなこんなで午前中は、まったりと子どもたちを監視しながら見つめながら、
ちくちくステッチなどしている日々。
mottiの絵に刺しゅうをしてみた。
d0140329_125935.jpg


長期休暇中はいつもブログを閉鎖していたけれど、
今年は、ときどき更新していけそうです。
夏いっぱい、コメント欄は閉じておきます。
この夏は、の~んびり・・・できるかな~?
子どもの描く絵って、本当に可愛い。
d0140329_19482811.jpg

我が子は三人三様、描く姿勢も世界も全く違っている。


(うちの)女の子の場合
娘たちの描くテーマは、いつも「家族」か「お友達」。
小さいおててで描く「おかあさん」は、
現物の姿と比べてかなり可愛らしかったりする。
実際にはあり得ないラブリーな柄のドレスを着てたりするのも嬉しい。

画用紙いっぱいに、どどーんと「おかあさん」が鎮座して、
横に「あたし」が手をつないで、
画面のほんの隅っこに、申しなさそうに「おとうさん」が佇んでたりするのも、
(・・・幼稚園で貼られてたら、カカア天下ぶりを表してそうで恥ずかしいが、)
それもまた愛嬌があったりする^^;



(うちの)男の子の場合
それに比べて息子が描くのは、幼いながらも「男の世界」。
人物を描こうという発想は全く無し。
だから母の日には、「お母さんて・・・・シュレック?」と、
ショッキングな絵を幼稚園から持ち帰ったりする。
そんな彼の十八番は、数字の付いた戦闘機や戦車、ワニやサメ、クジラなどだった。

”子どもの絵は、描く過程が重要で、描き終わった画用紙は遊んだ後の残骸である”
と習ったことがある。
幼児時代のkeiには、まさにその通り!とナットク、感動すらした。

keiの場合
画用紙に何機も戦闘機を描き、
数字とおぼしき番号をふりつけ、
「ずばばばばばばばあああ、
ばきゅーんばきゅーん、ぷしゅーっどっかーん、ぱきゅーんぱきゅーん
どどどどどどどどどどど!だだーん!
うお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」と
叫びながら、お互いの戦闘機のミサイル口から幾千もの線が激しく引かれ、
一機ずつ爆発しながら炎上していく・・・のである。
d0140329_19183893.jpg

残るのは、真っ黒に塗りつぶした画用紙のみ。
驀進するのみで、描き終わった画用紙を振りかえることは、無かった。
d0140329_19191067.jpg



娘も、arukoとmottiでかなり違う。
arukoの場合
arukoは、小さい時から「描くのが大大大好き~」という訳ではなかった。
d0140329_19194319.jpg

自由に描くことはそれなりに楽しむが、課題が与えられると悩むタイプ。
大きくなるにつれ、現物はどうなってるかを気にしていた。
d0140329_192018.jpg

頭で思い浮かべても、手が追いつけないジレンマがあって、
小学生になると、余計に「描けない」辛さが大きくなり、図工は一番の苦手に・・・^^;
中2になり、まるっきり理数系のarukoには、表現する豊かさというものは「不必要」らしい
(内申点のため苦労してるが^^;)


mottiの場合
mottiは2歳頃から5歳になった現在まで、暇さえあれば絵を描いている。
d0140329_19263553.jpg

一枚の絵を、ちまちまと長時間集中して描き、
気に入ったら、同じアングルで少し進化させて書いているので、
成長ぶりが見えておもしろい。
お父さんの顔の変化が特に笑える。
妻からすると全く似ていないのだけれど、こんなお父さんも好き(笑)
d0140329_19364335.jpg
d0140329_1933842.jpg

d0140329_19334531.jpg

しかも、描いた絵をやたら家じゅうに飾りたがり、
mtでペタペタと壁のすきまが無くなる始末になるので、度を超えるとかなり困る。

d0140329_19275628.jpg

いつもは「ねえね」や「にいに」にチビ扱いされて悔しい思いのmottiだけど、
同じ年齢の頃の絵を並べてみると・・・・
負けてないぞ~motti!
(しかし、いまだに数字カウントは間違う。しかも10でね^^;)


さて、こどもの絵をただ並べて飾るのも良いけれど、
ちょっとひと工夫して?作ってみた。
母の手芸コラボでありまする。


その紹介は、次回に。


長文おつきあい下さり、ありがとうございました^^
ブログ名がlilac_cottageなので、カテゴリは「部屋」で分けてるけれど・・・
しみじみ、「baby room」は卒業なんだな~と、溜息つくこの頃。(ままごと部屋は健在ですが)
末っ子のチビ娘も、いまでは年中さん、今週で5歳です。
1歳8カ月や、10か月の従妹と遊ぶ姿は、もうチビ娘ではなくお姉ちゃんなんだと実感。
d0140329_1037745.jpg
書くのに無理が出てきたので
これを機に、

チビ娘はmotti
息子はkei
上の娘はaruko、
ちまたでの愛称?で書いていきたいと思います。

さて、mottiの最近のマイブームは、「THE お着替え」
髪型までまるっと自分好みに変身を一日数回繰り返す、洗濯泣かせです
しかも、母の意見まるで無視なので、ドットやストライプが大ケンカする賑やかさです。 ↑

そのなかでも絶対外せないのが、画像の「ティアードスカート」
そのため今年は、バンバン縫っております。↓

ティアードスカート
以前作ったウォルドルフ人形にチビ娘のティアードスカートとお揃いのワンピを着せてみた。
d0140329_17315923.jpg


さて、もうすぐ末っ子のチビ娘の誕生日なので、
プレゼントを何にするか母子で思案中。

チビ娘には「ねえね」と「にいに」がいる。
なので、おもちゃは色々あって、わざわざ買う必要は無いと思っているのだけれど・・・。

「ねえね(上の娘)」も
「にいに(真ん中の息子)」も
大事なオモチャは、しっかりちゃっかり隠している。

ちなみに上の娘の隠しブツは、プレイモービルと、ケーセン社のぬいぐるみ

遊びのようすは・・・→プレイモービルの世界
過去記事ですが、遊びの世界へどうぞ♪


息子の隠しブツはレゴのナイトシリーズと、姉と同じくプレイモービル。

d0140329_17324230.jpg

キャラクターものや安価なおもちゃはすぐに駄目になって捨てられてしまうけれど、
質の良いものは長持ちするし、思い入れある遊び方ができると実感。
お気に入りは大切にしているんだな~と、あらためて思いました。
・・・ちなみに上のふたりとも、母の作ったウォルドルフ人形にはあまり関心ない子どもでした^^;

とはいっても、人形大好きなチビ娘も、
前科あり。
注意したにもかかわらず、このウォルドルフも・・・ヘアカットされました(涙)
愛し方は人それぞれで複雑です。
d0140329_16373142.jpg

ショートヘアにも似合うような、
オトナでも使えるような、
よそいきのおチビちゃんにも使えるような、

そんなイメージで作りました。


自分しか見えないけど、
裏面のリバティが気分を華やかにしてくれます・・・よね?
d0140329_16382449.jpg

d0140329_1781312.jpg
お洒落なマンションに囲まれるようにして佇む、レンガ色の外観と小路が素敵なその住宅街に向かって、いつかお宅訪問するぞー!と誓うこと早八年・・(かな?)
幼稚園のママ友が住人と知って狂喜乱舞したものの、なぜか私はあのレンガ道に未だに足を踏み入れることが叶わない。
お料理得意でおもてなし上手なRくんママは何度も呼んでくれてるのに、当日になると必ず我が家の誰かが熱を出す。
そしてたぶん四回目のお招きになる、来週の月曜日。
土曜日である現時点で、チビ娘39.5℃。

よよと床に崩れ落ちる母なのでありました。

d0140329_17394186.jpg
d0140329_1791213.jpg


先日の義援金販売(ヘアアクセのアソートset)にご協力くださった方々、
ありがとうございました。
どれか気に行ってもらえましたか~?
コンセプトは「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」です(笑)