<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前回の羊毛(フェルトに統一しました^^;)ボールに続き・・・。

今回はロシアンなイメージでステッチを入れました。
いつもは「フェルトボール×ウール刺繍糸」なのですが、
色々思うところがあって、和クラフトと同じく普通の刺繍糸で刺してみました。

d0140329_20142845.jpg

ウール刺繍糸でフェルトボールに刺すと、同質なのでしっくりきて雰囲気的にも大好きです。
でも・・・何年も経つと毛羽立ってきて、何だかみすぼらしくなるんですよね。
上の娘が幼稚園の頃に作ったものは、数年経つと見た目がぼろぼろ・・・。
記念にと手元に置いていたのですが、さすがに思い出にもなら~ん!と
この前の大掃除で処分してしまいました。

また、以前ショップで購入してくれたものをお友達の娘ちゃんが付けていたのですが、
さすがに4年目の冬で、やはり・・・・(汗っ)
今回はそのお友達に、たくさん使ってくれてありがとうと感謝を込めて作りました。
普通の刺繍糸ならどうなるかな~?とちゃっかりモニターしてもらおうと下心満載のプレゼントです。
d0140329_2101522.jpg


アトリエにも刺繍の図案込みでアップしましたので、良かったら作ってみて下さいね^^。
1月カンガルーの会、テーマは和クラフトでした。
d0140329_994451.jpg
羊毛ボールにはよくステッチを入れてますが、和風に刺すのは初めて。
ステッチイデー10号に載っていた花手まり風を参考にステッチを入れました^^。
これで何を作るかは・・・後ほどのお楽しみ^^。
クラフトの材料も一緒にお重に入れて、和テイストを強調♪
これで前準備は完了です♪

当日は、テーブルのセッティングも和テイストになりました。
和の籠に、菜の花を中心にあしらった生花が飾られ、
テーブルの中心には桜の風呂敷を広げてお重を置きました。
ホスト役に専念していて?このあたりの写真はありません~残念。

スイーツはmugibatakeさん手作りのおはぎ、しかもあずきは自家栽培という、
とってもオーガニックな和菓子でした^^。
京都で和菓子の懐紙作りをしている友人から貰ったと、メンバーのひとりが持ってきた懐紙をふんだんに使用した、可愛い和スイーツのコーディネートを・・・・・取り忘れまして^^;これまた残念!

六花亭の「六花の森」や京都の「5色豆」で彩りを添えました。
d0140329_13173537.jpg

2回目のお茶は、「黒蜜ときなこ」の日本茶フレーバーティでした。
香りは甘いのに、味は渋い&濃いオトナの味・・・・。

牧師による聖書のお話しは・・・
d0140329_1455175.jpg


そして今回の、和クラフトはこちら・・・。
d0140329_143677.jpg
to.Rinkさんから購入したリバティストラップと、a*citronのレースと一緒に付けているのが今回のクラフト、羊毛ステッチの花手鞠ストラップです。
d0140329_1462723.jpg

皆さん、それぞれ好みで色合わせを楽しんで作っていました^^。
by lilac_cottage | 2010-01-20 09:13 | Church | Comments(12)
d0140329_20151197.jpg
お友達のmugibatakeさんには昨年色々お世話になりました。

5月には下の妹の結婚式のコーディネート→ウエディング
12月には我が家にて、コラボでつみつみイベントを催しました。→つみつみイベント「牧師館のクリスマス」

両方の画像と紹介が、彼女のブログにてアップされています。↑(上の文中リンクからどうぞ。)
ぜひ見に行って下さいね^^。


妹の結婚式に作ったウエルカムボード・・・・。
アップし損ねていましたので・・・。
d0140329_2016717.jpg

mugibatakeさんがきれいにお花で装ってくれています^^。
d0140329_20211089.jpg

今日から子どもたちの学校生活が始まりました。
いつものように休暇中はブログの更新をせず、長く失礼しました^^;
新年の挨拶が遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

d0140329_1493747.jpg
子どもの頃、お正月に必ず行ったのがトランプやボードゲーム。
きょうだいが多かったので、母を囲んでの賑やかな一大行事でした。
子どものゲームといえども、あめ玉をチップに見立てての真剣なギャンブル?で
誰も母には勝てず、配られたあめ玉は結局彼女の手元にまるっと戻り・・・。
(父はかなわないと知っているのでいつも傍観者)
そんな彼女を、我らは陰で悔しさと尊敬を込めて「ギャンブラーよしこさん」と呼びます(笑)

恒例は伝わって、私も毎年お正月用に新しいボードゲームと大量のあめ玉を購入します。
なんと我が家にも「ゲームキラー」が出現。
それは・・・上の娘。
慈悲も情けも容赦もなく、バッタバッタとまわりを切り捨てていきます。
・・・ここは近いうち「ギャンブラーよしこさん」に出現いただき、大人の威厳を見せつけて頂きとうございます。

さて、このお正月にうちで流行ったボードゲームの紹介♪
d0140329_14293557.jpg
これは「クルード」、イギリスに古くからある人気ボードゲームだそうです。
殺人事件の場所と凶器、犯人を推理していくゲームです。
上の娘がホームズや怪盗ルパンの小説にハマっていたので購入してみたら、ビンゴ!でした。
・・・気を抜くとテーブルの下から小さな手が伸びて、殺人事件から誘拐事件に切り替わってしまうのが難点ですが^^;

d0140329_14332493.jpg

こちらは「パンデミック」、2009年度ドイツ年間ゲーム大賞の最終候補まで残ったゲームだそうです。
他のゲームと違うのは、メンバーが協力し合って病原菌と戦うこと。
うちの「ゲームキラー」は、開口一番「面白くなさそう・・・協力するより戦う方が良い~」と^^;
彼女に国際協力は向かないようです。
こちらは息子の方が本領発揮!
う~ん、ゲームを通して子どもの性格が浮き彫りにされるな~と感じました。

これは、お父さんの仕事を疑似体験させたいと思い購入。
子どもたちからは、いつも海外を飛び回って美味しいモノを食べて観光してる??と誤解されがちな彼の名誉が・・・・挽回されたかな?^^;