カテゴリ:study room(学習部屋)( 4 )

d0140329_10372946.gif

英国生地 「HARLEQUIN」のTWINKLE TOES(アイボリー)をパネル+コルクシートに貼りました。
mottiがホットフィックスやスパンコール(縫い付けは私がお手伝い)で色々デコっている途中。
せっかくのコルクボードなので、いろいろ遊ぶ予定です~。

d0140329_10373181.gif
その夜、mottiが描いた絵。
を、インフルエンザで経験したaruko。
私も保護者控え室で待機しました。
人生いろいろありますね。
同日、息子はスキー林間だったのに、
こちらもインフルエンザで行けず。
一週間前のことでした^^;
d0140329_2040441.jpg



無事に合格通知を頂き、手続きも済んでホッ。
やっと全員完治して、通常生活が始まりました。
(夫は出張先のマニラで寝込んでますが^^;)

今日はmugibatakeさんちでコサージュ作りに挑戦。
d0140329_20404233.jpg

arukoとmottiの、卒園&卒業、入学式と、この春フルに使う予定です。

今日、「受験おつかれさま^^」と
おともだちから頂いたスイーツ。
大好きなおだふじの焼き菓子と生キャラメルです。
d0140329_20404750.jpg
kさん、ありがとう♪
が、息子の小学校の体育館で、月曜日にありました。
d0140329_125199.gif
d0140329_125983.gif
d0140329_1251673.gif

ちいさな身体に大きなランドセルを背負っていたkeiも、
いつのまにやら身長は160㎝になり、
小学校を卒業する時期になりました。

日頃無口なkeiから貰ったミニ色紙のお手紙には、
思いがけず気持ちの篤いメッセージが書いてあり、ちょっとウルッときた母でした。

担当していたハンドベル演奏も無事に終わり、ホッ。

操業式まで12日間、元気に過ごしてほしいものです。
「学ぶ」ということは、その人の中で何かが変わるということである。
補足:正確には・・・
「学んだことの唯一の証は、その人の中で何かが変わるということである。」でした。(夫チェックが入りました(笑))

・・・・とは、夫が学生時代に尊敬し愛読していた「林竹二」先生のことば。
三人三様タイプの違う子どもを育てながら、色々考えさせられる日々のなかで
ふと思い出されます。

長女のarukoは春から高校受験生。
将来のことを話し合うのだけれど、本人はのほほんとして考えようとせず、
なかなか温度差を狭めることができない親のジレンマ。

勉強はさておき、親としてはどんなことでも良いから、
生き生きと目を輝かせながら没頭し変化していく姿を見たいな~と、
いつもクールフェイスな娘に期待しちゃったりするのであります。

そんなarukoは週末にむけて学年末試験勉強中。
昨夜は息抜きに?月に一度のキッズフラワー(お花の教室)に行き、
そのまま英語塾へとハシゴしてきました。

d0140329_1241519.gif
帰宅した時ぐるぐる巻きのマフラーから出てきたのが、このイースタークラフト作品。
相当寒かったのに、作品をマフラーで包んで大事に抱えて持ち帰ったそうで。
食卓に置いて大切にそっとアレンジを直す姿に、ハッと気が付きました。

クールフェイスだけれど、実は目の奥で夢中になってる花への愛着を。
可愛いものが苦手で黒一色、無装飾をこよなく愛する娘のなかで芽生えている、
小さな変化にかなり嬉しくなった母でありました。←どんだけ娘に言いたい放題だか^^:arukoをよく知ってる方は共感してくださるかと思いますが(笑)

ちなみに小鳥の首周りにあるアクセントがポイントなのだそう。

さて、リビングつなぎの空間で学習してきた子どもたちですが、
mottiの歌謡ショーという劣悪環境を打破すべく、隔離部屋を設けました(笑)
名付けてstudy room。
誰の部屋、と決めるのではなく、勉強や集中したいときに誰でも使える空間にしたいと思います。
d0140329_12463586.gif


先ほどkeiの学校から発熱による呼び出しが・・・・。
ふたたび軟禁生活開始です(涙)