カテゴリ:Library(図書室)( 13 )

d0140329_1613292.jpg

23日の絵本は、ワイルドスミスのクリスマス絵本。

そして今夜読みたい絵本はこちら
d0140329_12444219.jpg

2色のみの単調な色彩なのに、いえ、だからこそ想像力が深まるのでしょうね。
子どもの頃にクリスマスを待ち切れずにはち切れそうな期待で過ごした夜を思い出します。
マーガレットWブラウンの文はもちろん、
イタリアの舞台美術家出身というベニ・モントレソールのイラストが本当に素晴らしい絵本です。

d0140329_1242249.jpg
我が家は土曜日に、両親や兄、妹達家族とクリスマスのお祝いをし、
日曜日にはクリスマス礼拝と、夜の晩さん会(という名のお楽しみ会?)
そして今晩は、教会でキャンドルサービスです。
プロ、セミプロの音楽家が何人もいる教会なので、
クリスマスキャロルが本当に素晴らしいです。
教会のクリスマスイヴ、いかがですか?

良きクリスマスを^^
d0140329_12415936.jpg

by lilac_cottage | 2012-12-24 12:56 | Library(図書室)
d0140329_15545678.jpg

今日のアドベントカレンダー絵本は、アメリカから取り寄せた中古絵本。
とっても安かったのでお買い得な買い物でした^^
ポップアップ絵本ですが、両サイドの扉を開くと舞台のようになり、
クリスマスの生誕劇が繰り広げられます。

トミーパオラの無駄のないイラストがすっきりと可愛い絵本です。
が、英語です。
でも、今年は何度も降誕劇で天使を演じているmottiに、
即興で読んでもらってもいいかな~と思っています^^

今日は母が読んでもらう日ということで♪
by lilac_cottage | 2012-12-22 00:00 | Library(図書室)
パーティが3つほどありました。
イベントが1つありました。
それから実家から両親が来ました。
そんなバタバタの毎日で更新が滞っています^^;

さて、16日からのアドベントカレンダー絵本を紹介します。

d0140329_1523127.jpg

大好きなアリスンアトリーのおはなしです。
イラストは日本の方ですが、アトリーの世界が伝わる優しいタッチだと思いました^^
クリスマスイヴは動物たちが仲良くする日ということで、
天敵のネコとネズミが協力し合ってクリスマスの飾り付けをするお話です。
イギリスの作家なので、イギリス風なクリスマスはこんな飾り付けなのでしょうね。

d0140329_15224955.jpg

スプーンおばさんのお話です。
アニメの主題歌を思い出した方は同世代ですね(笑)
mottiはヤドリギの輪っか飾りの上でのキスシーンに身悶えして恥ずかしがっていました(笑)
こちらはノルウェーの作家なので、こんなふうに飾ったり祝ったりするのかと勉強になりました。

d0140329_15225986.jpg

こちらはベスコフの絵本。スェーデンのクリスマスの様子がよくわかります。
かなり私たちの慣れ親しんだクリスマスとは違うキャラクターが出てくるので戸惑いますが、それでもお話の世界に引き込まれてクリスマスが待ち遠しい気分になります。

d0140329_1523846.jpg

こちらの絵本は数年前に違う翻訳になったようで、現在購入できる絵本は題名も違っています。
たしか「クリスマスの星」だったと思います。
手持ちのこちらのほうがリズムカルで読みやすいと思うのは、慣れ親しんでいるからかもしれません(笑)
読むたびに、主人公のお母さんのようになりたいと思います^^
とってもお勧めのお話です。

d0140329_15231657.jpg
そしてこちらは今年購入した絵本。
内容よりも、ユニコーン好きのmottiのために買った絵本です。
なので、mottiも一番楽しみにしているので、今夜はゆっくり読んであげたいと思います^^
by lilac_cottage | 2012-12-20 15:37 | Library(図書室)
d0140329_2381969.jpg

ファインダー越しに「あれっ?」て思いました。
作者は違うけれど、イラストは同じく柿本孝造さんなんですね^^
作風が異なるので気が付きませんでした。

どんくまさんは、大好きな絵本シリーズ。
なにをやってもおっとりで失敗ばかりのどんくまさんは、
今回も、色々やっては失敗し、
最後にクリスマス劇のイエス様役になって、そのまま居眠り。
そしてそのまま冬眠してしますお話です(笑)

サンタさんのいねむりも、サンタさんがお弁当後に眠ってしまい
動物たちがプレゼントを配るというお話(笑)

作者は違うのに、同じく主人公が眠ってしまう絵本。
柿本さんはどんな気持ちで描いたのかな?

d0140329_23121361.jpg

明日のパーティに備えて、
mottiの希望で飾り付けしました。
とてもお世話になっているご夫妻から頂いた紙の飾りですが、
10年ものなのに色落ちもせず破けず現役なのは、ヨーロッパ製だからなのかな?
ひとつ2mくらいの長さになるので、食卓のまわりに3種類飾った我が家は
まるで運動会のお弁当を食べているような気分です(笑)
d0140329_23122339.jpg

by lilac_cottage | 2012-12-14 23:16 | Library(図書室)
本日2つ目の投稿です。
d0140329_11364095.jpg

今日のアドベントカレンダー絵本です。
大好きなバーバラ・クーニーの挿絵です。

戦争から帰ってこない父を待ちながらクリスマスの準備をする母子のお話です。
貧しいなかで工夫しながら、娘のクリスマス劇の天使の衣装をリメイクする母、
同じ天使の衣装を着せた羊毛人形を作るあたりは身近に感じてぐっときます。
ちょっとまだmottiには難しいと思うのだけれど、
彼女は明後日、幼稚園のクリスマスページェントで天使の役をするので、
絵本に出てくる女の子の気持ちに沿えるのではと期待しつつ今晩読みたいと思います^^

さて、先日「つみつみ」のイベント状況を、つみつみブログでアップしました。
今年は、思い切って部分的に室内を改装しました。
mottiのままごと部屋を解体し、窓辺のベンチ横に天井までの棚を作成、
レンガを貼りました。
d0140329_11364852.jpg


本棚は色々デザインを考えて、ストーリオさんにキット作成を依頼。
デザインから材料、構造上の耐震性、耐久性なども細かく相談に乗ってくれました。
いままでドイトで木を購入しカットしていたので、こんな便利なサイトがあると知って目からウロコ!
寸法をちょうどよくカットしてくれているので、まるで既製品のようにさくさくっと作成することができました。
デザインは私ですが、カットはストーリオさん、組み立てたのは夫とkeiの二人です。
中一になった息子がどんどん頼りがいがでてきて頼もしい限りです。

しかし、この本棚の持ち主は、長女のaruko(笑)
彼女は何もせず、出来あがった本棚にラッキーとばかりにお気に入りの蔵書を並べました。
d0140329_11365313.jpg


そして並べ終わったarukoのひとこと
「天井まで、まだ本が買えるな(ニヤリ)」
・・・・こらムスメ、ありがとうは?と突っ込む母でした(溜息)

レンガはひと箱全て割れているものがあり追加待ちですが、
mugibatakeさんが窓の上の飾り付けと合わせて可愛く飾ってくれて
中途半端なところを綺麗に誤魔化してくれました(笑)
d0140329_1137393.jpg



窓辺に飾ってあるのは、むかし教会学校のクリスマスプレゼントに頂いた、
手作りの人形たち。木と布と木の実など自然のものが材料です。
並べてある素焼きの街並みは、むかしガーデニングセンターの箱庭コーナーで購入したもの。
ユダヤの田舎の街並みに合っていてお気に入りのクリスマスアイテムです^^
d0140329_11364535.jpg

by lilac_cottage | 2012-12-12 11:37 | Library(図書室)
d0140329_23543297.jpg

今日のアドベントカレンダー絵本は、こちら。
なんと初版が1941年という古い古い絵本です。
小さい頃に見覚えがある方が多いかもしれませんね。

ぬいぐるみのミシュカが、
乱暴で意地悪な女の子の元を去り、もう二度と子ども用のぬいぐるみにはならないと誓いながら森で自由気ままに過ごします。
そしてクリスマスイブの晩には良いことをひとつしなくてはいけないと教わり、
森で出会ったサンタのソリのプレゼント配りを手伝うことで、それを実行します。
しかし最後に行き着いた貧しい家の男の子にあげるプレゼントが無いことを知り、
僕のするべきことはこれだと、男の子のプレゼントになるというお話です。
イラストもお話も暖かい可愛い絵本です。

10日も寝込み、雑用に追われています^^;
オーダー品とショップ納品分をチクチク作成・・・。
クリスマスオーナメント、飾る日が限られてきました。
オーダーして下さった方々、あとちょっとです、お待ちくださいね。
d0140329_23543859.jpg
d0140329_23544540.jpg

by lilac_cottage | 2012-12-11 23:54 | Library(図書室)
d0140329_11215656.jpg

気管支炎と薬の副作用で一気に悪化。
昨日から起き上がれるようになり、
今日からやっと声が出るようになりました。


寝込んだ分の空白の7日間分どうしよう・・・。
とりあえず今日のアドベントカレンダー絵本紹介です^^;
d0140329_11214333.jpg

中身を一枚ずつ紹介したいところですが、
雰囲気だけでも伝えたくて、裏側からこんな感じで撮影^^
ポップアップ絵本調になっています。
とにかくイラストが可愛い~。
表紙から見ると、白黒の天使たちのうしろ姿が見え、
ページをめくるたびに1人ずつのカラーのお顔が見えます。
10人の天使たちが、クリスマスのちいさな村に舞い降りて
色々な手助けをするというお話です。
手助けは、小さな子どもでも出来そうなやさしいお手伝い。
mottiはどんな気持ちで聞くのかな?


昨日はアドベント第二週でした。
d0140329_11294838.jpg

我が家が集う教会では子どもたちのクリスマス会があり、
幼稚園児のmottiは最年少の天使役。
生まれて初めてのセリフにドキドキ緊張の日々でしたが
大きなお姉さんたちに助けられて天使の役が果たせました。
d0140329_1215251.jpg

天使の可愛い衣装は、どんな身体でもフィットするように工夫されたスゴイ機能付きで、erinberryちゃんの作品。




mugibatakeさんが教会の子どもたちのために作ってくれたアドベントクランツ。
高学年の小学生たちによって、ひとあしお先に4つ灯したロウソクがとても綺麗でした。
d0140329_11295513.jpg

by lilac_cottage | 2012-12-10 12:13 | Library(図書室)
教会暦では今日からアドベントになりました^^
世界中の教会で、きれいに飾り付けられたツリーやクランツにロウソクが灯ったことでしょうね。

残念ながら私は風邪で声をやられて咳がひどく
集団に入れるコンディションではないため欠席・・・。
mugibatakeさんのアドベントクランツ見たかったな~~~~。

さて、今日のアドベントカレンダーの絵本はこちら
d0140329_18493680.gif

ネコ好きさんにはたまらない一冊です^^
ネコの習性がよく表れている内容で、思わず笑ってしまいます。

私は声が出ないので、
読み聞かせは夫の役目。
でもちょうど、男性の声に合う絵本じゃないかな?

本革×ぽんぽんタッセルのアドベントカレンダー
今朝お嫁に行きました。
d0140329_18515653.gif

イベント会場にて、つみつみメンバーのashigeが、
それはそれは可愛く飾り付けしてくれたのに、
あまりの時間の無さに撮影ができませんでした、チーン・・・。
後ほど、友人ゲストで撮った人を探すつもりですので(笑)
撮った方は一報くださいませ^^;
by lilac_cottage | 2012-12-02 18:56 | Library(図書室)
d0140329_15553845.jpg
上の子たちの大好きなシートン動物記。
「本を与える時には良い完訳本を選びなさい」といいますが、どれがいいのかわからない・・・。
そんなとき児童書ならやっぱり福音館でしょう~と、1年前に買ったのですが、大正解♪
初版当時のイラストにシートン自身が描いたイラストも添えられ、内容も深く大人でもかなり楽しめる本でしたよ。

なかでも上の娘が一番のお気に入りが、ハイイロリスの「バナーテイル」
それがあったので、今回のイベントで担当するテーブルのテーマ決めでリスを選んだとき、迷わずハイイロリスにしました^^。
d0140329_16121257.jpg

題して「くるみの森のクリスマス」、真冬に雪のなか、胡桃を掘り出して食べているハイイロリスをイメージしてデザインしました。
ティーコゼーのトップには、本物のクルミ(teaのステッチ入り)を付けています。
ティーマットの他にカトラリーマットも付けましたよ。寒い冬に木のスプーンで、暖かいシチューなどいかが?
布地はウィンターリネンで、リスはウール糸、雪の結晶は普通の刺繍糸でステッチしました。

・・・・娘には売るな!と言われました^^;。
でもね~ティーコゼーだし。
そのかわりイベント後にbagかブックカバーにステッチする約束させられました~。
ちなみに息子のお気に入りは「レイザーバックフォーミィ」ですが・・・・何も作りません、野生のキバ持ちイノシシですから^^;

イベント直前なのでコメント閉じています。
落ち着いたら開きます、ごめんなさい~。
by lilac_cottage | 2009-11-26 16:05 | Library(図書室)
・・・と上の娘。

小さい頃から絵本の他に素話やわらべうたにも力を注いだ結果がこれとは・・・。
「お母さんの本棚オモシロいの無いもん」ですって!

私の大好きな「床下の小人シリーズ」もフィリッパ・ピアスもORメリングもカニグズバーグも何もかも数ページめくってポイッ。「つまんな~い」

娘の好みはノンフィクションもの。シートン動物記も実話か物語かで面白みが変わるので、はじめにあとがきから読むタイプ。
一緒に同じ本読んで楽しめるようになる日を夢見てたのに~(涙)

ところが最近、オモシロいの無いと言った私の本棚から上橋菜穂子を発見!手にしたのは「獣の奏者」
いまNHKアニメで放映されているので気がついたらしい。
アニメは子ども用に書き換えたものなので、違うところがあるけれど、
大喜びで読んですっかり夢中になりました。
d0140329_17545534.jpg

アニメはリアリティが無くてつまらないとまで言い出したので、母はガッツポーズ!
しかも、守り人シリーズも読み始め、すっかりバルサの大ファンに!

12年前夢中でこの本を読んだ時にお腹にいた娘が、
いま同じようにドキドキして読んでるのは、とても不思議嬉しいです。
上橋菜穂子作品は、とても現実味があって面白いそうです~♪

ちなみに・・・
この守り人シリーズ、海外赴任先で読むとかなりツラいです。
ご飯の描写がすごく美味しそう~!
そしたら最近「バルサの食卓」って本があるのを知って笑ってしまいました。
12年前に欲しかった!
いやいや、次に赴任の時には必ず持っていきますとも!

あなたの好きな作家&おすすめの本は?にちなんで投稿しました^^。

d0140329_1734112.jpg


*作品の説明*
by lilac_cottage | 2009-11-20 18:04 | Library(図書室)