イースター飾り、追加作品。

d0140329_15415636.gif

クリスチャンにとって、イースターはクリスマスと並んで大きなイベント?です。

とは言っても、あまり早い時期からは飾りません。

マニラではイースター前の1週間をHoly weekと呼んでいましたが、
グッドフライデー(イエスが十字架にかかった日。日本では受難日という)、&ブラックサタデー(イエスが死んでこの世にいない)があるからです。
この時期は、私の(怒りや高慢などあらゆる罪の)身代わりに十字架にかかったイエスを思い過ごします。
そして、復活の朝、大喜びで起きて、新しい永遠の命を与えられたことを喜び祝うのです。
(新生をあらわす)卵探ししても良し。
ゆりや水仙など、冬に地上部の枯れた球根を命の再生と見て喜び飾るのも良し。(海外ではこの時期開花に合わせてクリスマス頃から球根の水栽培をしますよね)
(多産・繁栄で命をあらわす)うさぎを飾るも良し

私も子どもの頃、イースターの日は、ほんのり黄色やピンクに色づけされたゆでた卵に絵を描いたりシールを貼って飾り、午後に食べるのが定番でした。

外国ではeggチョコを飾り、食べると知ってショック。
ずるい!いいな~。と思いました~。
d0140329_15424018.gif

d0140329_15432017.gif

最初、タンポポとウサギの上に蝶を描いたのですが、う~ん・・・和的。
切り絵ってどうしても、和のイメージがあります。
タンポポをクローバーに替えたらどうかなと思ったけど・・・やっぱり手持ちの紙のせいかな。
d0140329_15433831.gif